2018年9月

暑さが厳しかった今年の夏。真っ黒に日焼けした子ども達の顔に、このひと夏での成長を感じます。

8月7日(火)「お店屋さんの開店でーす。」と同時にそれぞれのお店屋さんからは、「いらっしゃいませー」と言う元気一杯の声が聞こえ、片手には一緒に買い物する友達の手をしっかり握りしめたお客さんが、一斉に繰り出してきました。段ボールや紙粘土、空き箱やカップなどの廃材を使って、スタンプやシール貼り、タンポ筆で色々な模様をつけて作りました。年少組を優しくリードする年長さんのお兄さん、お姉さん振りなどあちこちで微笑ましい姿が見られました。夏休みという事で、学童さんの店も出店しました。数日で商品から全ての準備を自分達で仕上げた所はさすが小学生!!!地域の子ども達も参加され、保育園のお店屋さんは大賑わいでした。8月23日(木)の、泉ヶ丘園との合同行事である、納涼盆踊り大会にむけ、「くまちゃん音頭」や「踊れ、どれ、ドラ、ドラえもん」を毎朝練習し、うちわの製作もして楽しみにしていましたが、台風20号の影響で残念ながら中止となり、とても残念そうにしていた子ども達です。

これからますます深まっていく季節。夏の疲れを体に残さず、色々な行事でいっぱいの秋を楽しく過ごしていきたいと思います。

2018年8月

蝉の声に負けないくらい、元気いっぱいの子ども達。夏ならではの体験を取り入れながら今月も思いっきり楽しみたいと思います。

7月は、たくさんの行事がありました。3日は七夕まつり、6日は七夕交流会がありました。「ケーキ屋さんになりたい。」「自転車に乗れますように。」など、とても微笑ましい願い事がいっぱいでした☆☆七夕交流会では、利用者さんと一緒にスイカ割りを楽しみました。「前前!!右右!!違う!!」と声をかけながら、大盛り上がりでした♪♪

19日は、ばら組の保育参観・給食試食会でした。保育教諭から色の組み合わせのお話を聞き、自分で好きな色を組み合わせ、スライム作りに挑戦!!!お家の人に手伝ってもらいながら完成したスライムを丸めたり、平らにしたりして、楽しみました。

14日の、きく・ひまわり組の保育参観・給食試食会では、両クラスともにはさみやのりを使い製作を行いました。はさみを正しい持ち方で、グーパー・グーパーと、慎重に切ったり、のりの量を自分で調節しながらのりづけしました。きく組は・・魚、ひまわり組は・・おばけを完成させ、魚釣りや的当てゲームへと展開させ、楽しみました。保護者の前で緊張ぎみの子ども達でしたが、保育園の様子を少しでも見て頂けたかと思います。

そして、夏ならではのプール・水・泥んこ遊び♪♪ばら・さくら組は、今年度は佐野中横の市営プールへ行きました。照りつける太陽の下、全身で水に触れ開放感を味わいながら暑い夏を堪能しました。

また、27日の納涼花火大会は、ばら組・学童が参加しました。大きなお風呂にみんなで入り、外でのお食事はよりいっそう美味しく感じたようです。夜空いっぱいに広がる花火には、大興奮!!!打ちあがる度に大歓声☆☆また1つ最高の思い出ができました。