2019年1月

子ども達の元気な声や挨拶と共に、新しい年がスタートしました。今年度も残り少しですが、一日一日を元気に過ごして行きたいと思います。

2018年の締めくくりの12月・・・4日にクリスマスツリーの飾り付けでは、サンタさんに会えるかな?プレゼントは何かな?とワクワク・ドキドキしながら、キラキラ光る飾りを順番につけました。そして、待ちに待った20日のクリスマス会は、初めて持つ楽器にも挑戦しみんなで気持ちをひとつにして、素敵な演奏をしてくれました。小さいクラスでは元気いっぱい体を動かして、踊りを披露してくれました。プレゼントを届けて来てくれたサンタさんに「わぁー!!」という声が上がり、ひとりひとり優しくプレゼントをくれるサンタさんに大喜びでした。おやつでは自分達で果物などデコレーションしたクリスマスケーキを食べました。25日のクリスマスには、高齢者大学の方々がオカリナ演奏を披露してくださいました。子ども達に親しみのある歌ばかりで、オカリナの音色に合わせて子ども達は元気に歌っていました♪♪

ちゅーりっぷ・たんぽぽの保育参観・給食試食会では、窓にのぞき穴をつくり、保育中のお子様の姿を見て頂けたかと思います。ぞうになって集団遊びをしたり、子ども達と一緒にふれあい遊びを楽しんでいただけたかと思います。28日は、ばら・さくら・学童がおもちつきに参加しました。臼と杵でお餅がつき上がるのを「よいしょ!よいしょ!」と声援を送りながら見ました。つきたてのお餅はきな粉で美味しくいただきました。

2018年12月

クリスマスの飾りで賑やかな園内は、あたたかな笑顔で溢れています。子ども達は、待ちきれない!といった様子で毎日ワクワクしながら過ごしています。

2日に泉の森ホールで行われた交通安全教室では、横断歩道の渡り方など大切な事をたくさん学び、“まもる・わたる”のミュージカルも鑑劇しました。

6日は、食育の一環であるクッキングで、ばら・さくら組が芋掘りで収穫したさつま芋を使って芋もちを作りました。ゆで上がったさつま芋の皮をむき自分の好きな形に仕上げて、焼き上げていきました。

10日に行われた、泉佐野国際音楽祭では、上善寺にて、ばら組が参加し鼓笛を披露いたしました。初めての場所にも関わらず、たくさんの人達の前で演奏することができました。

13日は、消防士さんと消防自動車が来園して消防訓練がありました。防火についてのお話を聞いたり、“あざらし たまちゃんの火の用心”のDVDを見た後、避難訓練をしました。館内放送の声や非常ベルの音に少し緊張しながらも、普段通り素早く避難していました。間近でみる消防車には大興奮で、消防士さんは「ここは何?」「ここには何が入ってるの?」と子ども達からの質問攻めでした。

そして、23日は恒例のバザーと作品展が開催されました。作品展の今年のテーマは「はたらくひとたち」でした。いろいろな素材や技法をつかって年齢に応じた個人製作の乗り物や合同製作の大型作品がひとつになって、お仕事の世界を作り上げました。